レシピ

2014年05月21日

ジンベースの爽やかなカクテルが楽しみたいならトム・コリンズがおすすめ トム・コリンズを家で楽しむためのレシピ



カクテル「トム・コリンズ」の作り方・レシピ

トールグラスで楽しみたいカクテル


19世紀、ロンドンのリーマンズ・クラブでヘッド・ウェタ―をしていたジョン・コリンズによって作られたカクテル。当初はジョン・コリンズという名前で呼ばれ、オランダ産のジュネバ・ジンをベースにしていたが、その後、イギリス産のオールド・トム・ジンを使ったものが人気を集めるようになり、トム・コリンズと呼ばれるようになった。現在はウイスキーベースのものがジョン・コリンズと呼ばれている。
 


トム・コリンズのレシピ

【材料・用具・グラス】

ジン 45ml
レモン・ジュース 20ml
シュガーシロップ 2tps.
ソーダー水 適量
スライスレモン 1枚
マラスキーノ・チェリー 1個

バー・スプーン、コリンズ・グラス

【作り方】

1.氷(5個~6個)を入れたコリンズ・グラスにジンからシュガー・シロップまでの材料を入れ、ステアする。
2.ソーダー水を1に8分目ぐらいまで入れ、軽くステアする。
3.スライスレモンとマラスキーノ・チェリーを飾る。
 

このカクテルはジョン・コリンズの他にも、カーネル・コリンズ(バーボン)、ペドロ・コリンズ(ラム)、ピエール・コリンズ(ブランデー)など、ベースが変わるとその名前も変わる。
 



gococktail at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月23日

透き通るような白が女性に人気、ホワイト・レディのレシピ



カクテル「ホワイト・レディ」の作り方・レシピ

コワントローとレモンジュースが奏でる清楚の味わい。


ブランデーベースのサイドカーの元祖ともバリエーションとも言われるこのカクテル。1919年、ロンドンのシローズ・クラブのバーテンダー、ハリー・マッケルホーン氏によって作られた。当初クレーム・ド・ミントがベースであったが1925年にジン・ベースとなって人気が高まった。材料のコアントローとレモンジュースはどんなスピリッツもの相性がよいようだ。
 


ホワイト・レディのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 2/4
コアントロー 1/4
レモンジュース 1/4

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからレモンジュースまでの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。
2.カクテル・グラスに1を注ぐ。 


バリエーションの多いことでも知られるこのカクテル、サイドカーの他にも、ベースをテキーラにするとマルガリータ、ウォッカにするとバラライカに変身する。
 



gococktail at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月25日

お酒に強い人は是非、チャレンジして欲しいカクテル。ノックアウトの作り方



カクテル「ノックダウン」の作り方・レシピ

カクテルのヘビー級チャンピオン。


1927年2月22日、世界ヘビー級ボクシング・タイトルマッチで、時のチャンピオンだったジャック・デンプシーに挑戦して見事ノックアウト勝ちしたジーン・タニーが祝賀会で作ったと伝えられるカクテル。別名ノック・ダウン・カクテルとも呼ばれ、その名の通り強力なパンチ力をもつ強めのカクテル。お酒に自身のある方、カクテルのヘビー級チャンピオンに挑戦してみてはいかが。
 


ノックアウトのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 1/3
ドライ・ベルモット 1/3
リカール 1/3
ペパーミント(ホワイト) 1tps.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからペパーミントまでの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。
3.カクテル・グラスに2を注ぐ。 


ノックアウトのことをK.Oと略すことがあるが、K.Oカクテルというウイスキーベースの別のカクテルがあるので、バーなどでオーダーする時は注意を。
 



gococktail at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月21日

カクテルのヒロイン、ピンク・レディの作り方



カクテル「ピンク・レディ」の作り方・レシピ

魅力的なピンクが女性をヒロインへ。


1912年、ロンドンで大ピットをおさめた芝居「ピンク・レディ」。そのファイナル公演の打ち上げパーティーで、終焉女優のヘイゼル・ドーンに捧げられたカクテル。その後、1944年には「ハッピー・バースデー」という芝居の中で「アメリカ演劇界のファースト・レディ」ヘレン・ヘイズがこのカクテルを飲むなど、舞台に縁の深いカクテル。華やかなピンクのまさにカクテルのヒロイン。
 


ブルー・ムーンのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 1/2
グレナデン・シロップ 1tsp
レモン・ジュース 1tsp
卵白 1個分

シェーカー、ボウル、カクテル・グラス

【作り方】

1.卵白のみを使うため、卵を割り卵白と卵黄をボウルなどに分ける。

2.シェーカーにドライ・ジンから卵白までの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。
3.カクテル・グラスに2を注ぐ。 


レディと名のつくカクテルは女性に人気がある。このピンク・レディの他に、ホワイト・レディやブルー・キュラソーを使ったブルー・レディなどというカクテルもある。
 



gococktail at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月20日

美しい紫の色合いと香りが女性に人気 ブルームーンのレシピ



カクテル「ブルー・ムーン」の作り方・レシピ

神秘的な色が女性をとりこに。


ブルー・ムーンといっても、出来上がりは美しいうす紫。そのインピ的な色合いとネーミングから女性に人気のカクテル。美しい紫と香りの秘密は、すみれの花から作られたバイオレット・リキュール。やや甘めのこのリキュールと レモンの酸味がほどよく調和している。ブルー・ムーンには「できない相談」という意味があり、そのあたりの憂いも含めて女性に人気があるのかもしれない。
 


ブルー・ムーンのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 2/4
クレーム・ド・バイオレット 1/4
レモン・ジュース 1/4

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからレモン・ジュースまでの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。

2.カクテル・グラスに1を注ぐ。


このカクテルの1番の魅力は美しい色。それを鮮やかに出すために、少し面倒でもレモン・ジュースはこしてから使うとよい。味は同じだが、こうすると透明感のある色に仕上がる。
 



gococktail at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)