レシピ

2015年11月10日

さぁ、バカルティ・ラムを用意!バカルディの美味しい作り方



カクテル「バカルディ」の作り方・レシピ

ラム選びが決め手。バカルディ


バカルディとは中南米数カ所に蒸留所をもつ名門のラムメーカー。

1939年のアメリカ禁酒法廃止をきっかけに、自社製品のラムを売りだそうとダイキリを改良して作ったカクテルがこのバカルディ。

バカルディはバカルディ・ラムの使用が明記されており、後にバカルディ以外のラムを使ってこのカクテルを作って出したバーに対して客が抗議の訴訟を起こした。

1936年ニューヨーク高裁は、「バカルディ・カクテルはバカルディ・ラムで作らねばならない」との判決を出し、これを契機にまたたくまに世界中の人気を集めた。

以来、バカルディを名乗るカクテルのベースには必ずバカルディ社のラムが使われており、他のラムを使った場合はピンク・ダイキリと呼ばれる。 

 


バカルディのレシピ

【材料・用具・グラス】

バカルディ・ラム(ライト) 3/4
ライム・ジュース 1/4
グレナデン・シロップ 1tsp.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】
  1. シェーカーにバカルディ・ラムからグレナデン・シロップまでの材料と氷を入れ、シェークする。
  2. カクテル・グラスに1.を注ぐ。

一般的にラムは色と風味で分けられることが多いが、ホワイト=ライト、ゴールド=ミディアム、ダーク=ヘビーとは一概に言い切れない。

色は特徴のひとつに過ぎず、その製品の性質とは関係がない。

カクテルを作る時は色と性質両方を考えて一番合ったラムを選ぶのがよいだろう。
 



gococktail at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月05日

別れの悲しさを癒やすなら、このカクテルで。 ラスト・キッスの美味しい作り方



カクテル「ラスト・キッス」の作り方・レシピ

恋人との別れを辛口カクテルで癒やす。ラスト・キッス


キスはキスでも、こちらはちょっとさびしいキスでお味のほうも辛口。

あまり味わいたくない切ない味だが、人生一度や二度、涙のお別れはつきもの。

そんな時、口では言えない「さよなら」をこのカクテルに託してみるものよいのではないだろうか?

清楚な白いカクテルは、辛いサヨナラを、よい思い出に変えてくれるはず。

辛口だが、さっぱりしているので、オールディ・カクテルとして楽しめる。 

 


ラスト・キッスのレシピ

【材料・用具・グラス】

ホワイト・ラム 45ml
ブランデー 1/2tsp.
レモン・ジュース 1/2tsp.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

  1. シェーカーにホワイト・ラムからレモンジュースまでの材料と氷を入れ、シェークする。
  2. カクテル・グラスに1.を注ぐ。

このカクテル、ほとんどがラムなのに、わずかに加えたレモンジュースとブランデーがラムをまったく別の味に仕上げている。

このあたり、まさしくカクテルの極意と言えるだろう。
 



gococktail at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月17日

暑い夏は涼しけなリゾート気分のカクテルで フローズンダイキリの美味しい作り方



カクテル「フローズンダイキリ」の作り方・レシピ

まるでフルーティーシャーベット!フローズンダイキリ


フローズンスタイルの代表とも言えるカクテルで、マティーニを愛したことでも知られるヘミングウェイも大変好んだと言われている。

バー・ブレンダーで作るこのカクテル、フレッシュ・フルーツを加えると一段と美味しく女性好みの味になる。

映画「カクテル」にも出てくるようなリゾート地でのオープンエアのバーがよく似合うこのカクテルはバーベキューなど、ぜひとも外で飲みたいカクテルだ。 

 


フローズンダイキリのレシピ

【材料・用具・グラス】

ラム(ホワイト) 40ml
コアントロー 1tsp.
ライムジューズ 10ml
砂糖 1tsp.

バー・ブレンダー、ストロー、シャンパングラス

【作り方】

  1. バー・ブレンダーにラムから砂糖までの材料とクラッシュド・アイスを入れ、ブレンドする。
  2. シャンパンクラスに1.を注ぐ。
  3. 2.にストローを添える。 

このカクテル、フレッシュ・フルーツを加えてもおいしい。

その場、砂糖は使わず、フルーツと同系のリキュールを加え、ほかの材料と一種にバー・ブレンダーにかければ出来上がり。
 



gococktail at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月11日

決めてはフレッシュ・ライム。ジン・リッキーを自宅で美味しく作るレシピ



カクテル「ジンリッキー」の作り方・レシピ

甘味なしで、この爽快感!ジン・リッキー


リッキーとは、カクテルのスタイルのことで、グラスに入れたフルーツをマドラーでつぶしながら味を調節して飲む。

十九世紀末にワシントンのレストランで作られ、最初に飲んだ客の名前、ジム・リッキーにちなんで名付けられた と言われている。

ベースにはジンのほか、ウイスキーやブランデーなどのいろいろなスピリッツが使われ、ベース名を頭に冠してウィスキー・リッキーなどと呼ぶ。 

 


ジン・リッキーのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 45ml
ライムジュース 20ml
ソーダ水 適量
ライム 1/2個

バー・スプーン、マドラー、10オンスタンブラー

【作り方】

  1. 10オンスタンブラーにライムを絞り、皮も入れる。
  2. ドライジン、ライム・ジュース、氷(5~6個)を1.に入れる
  3. ソーダ水を1.に8分目ぐらいまで入れ、軽くステアし、マドラーを添える。 

シンプルな材料で作るカクテルだからこそ、新鮮なライムを使うことが仕上がりを左右する。

なかにはレモンで代用する人もいるようだが、是非、ライムで作って欲しいカクテルだ。
 



gococktail at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月01日

あの爽快感を家でも。おいしいジントニック、秘密のレシピ



カクテル「ジントニック」の作り方・レシピ

暑い日に飲みたくなるあの爽快感!ジン・トニック


ジン・ベース中でも人気のあるカクテルの一つ。

マラリアや暑気あたり、そして食欲不振に効果のあるキニーネ(キナの樹皮のエキス)を配合したトニックウォーターは、元来は熱帯植民地で働くイギリス人のための保健飲料であった。

やがて、その爽やかな口当たりから女性の間で人気となり、ジン・トニックが生まれた。

暑い夏に涼しげな爽快感がたまらないジン・トニック。是非、家でも作ってみませんか? 

 


ジン・トニックのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 45ml
トニック・ウェーター 適量
スライスライム 1枚

バー・スプーン、10オンスタンブラー

【作り方】

  1. 氷(5から6個)を入れた10オンスタンブラーにドライジンを入れる。
  2. カットしたライムを軽く絞り、1.に入れる
  3. トニックウォーターを1.に8分目ぐらいまで入れ、ステアする。 

トニックウォーターはほかのスピリッツとも相性がよく、ラム・トニックやウォッカ・トニックも是非、試してもらいたい。

レモンやライム、お好みでオレンジピールを使ってみるものおススメ。
 



gococktail at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)