カクテル

2014年05月21日

ジンベースの爽やかなカクテルが楽しみたいならトム・コリンズがおすすめ トム・コリンズを家で楽しむためのレシピ



カクテル「トム・コリンズ」の作り方・レシピ

トールグラスで楽しみたいカクテル


19世紀、ロンドンのリーマンズ・クラブでヘッド・ウェタ―をしていたジョン・コリンズによって作られたカクテル。当初はジョン・コリンズという名前で呼ばれ、オランダ産のジュネバ・ジンをベースにしていたが、その後、イギリス産のオールド・トム・ジンを使ったものが人気を集めるようになり、トム・コリンズと呼ばれるようになった。現在はウイスキーベースのものがジョン・コリンズと呼ばれている。
 


トム・コリンズのレシピ

【材料・用具・グラス】

ジン 45ml
レモン・ジュース 20ml
シュガーシロップ 2tps.
ソーダー水 適量
スライスレモン 1枚
マラスキーノ・チェリー 1個

バー・スプーン、コリンズ・グラス

【作り方】

1.氷(5個~6個)を入れたコリンズ・グラスにジンからシュガー・シロップまでの材料を入れ、ステアする。
2.ソーダー水を1に8分目ぐらいまで入れ、軽くステアする。
3.スライスレモンとマラスキーノ・チェリーを飾る。
 

このカクテルはジョン・コリンズの他にも、カーネル・コリンズ(バーボン)、ペドロ・コリンズ(ラム)、ピエール・コリンズ(ブランデー)など、ベースが変わるとその名前も変わる。
 



gococktail at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月14日

バリエーションもいっぱい。ブロンクスのおいしいレシピ



カクテル「ブロンクス」の作り方・レシピ

禁酒法時代からの歴史あるカクテル


禁酒法時代のアメリカ、警察の目をごまかして密造酒を飲むため、あの手この手で工夫されたカクテルが今も多く残っているが、このブロンクスもその一つ。ペンシルバニア州のビリー・マロイによって作られたこのカクテルは、有名な動物園のあるニューヨーク北部の街ブロンクスに由来している。古くから飲まれているカクテルだけにアレンジの数も豊富。
 


ブロンクスのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 1/4
ドライ・ベルモット 1/4
スイート・ベルモット 1/4
オレンジジュース 1/4
オレンジ・キュラソー 1tsp.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからオレンジ・キュラソーまでの材料と氷(8~9分目)を入れ、シェークする。
2.カクテル・グラスに1を注ぐ。
 

バリエーションの多いこのカクテル、卵黄を加えたゴールデン・ブロンクスや、卵白を加えたシルバー・ブロンクス、パイナップルジュースを使ったブロンクス・パイナップルなどがある。
 



gococktail at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月30日

日本発祥で世界で愛されるカクテルはいかが?ミリオン・ダラーのレシピ



カクテル「ミリオン・ダラー」の作り方・レシピ

日本発。世界中で愛されている日本生まれてのカクテル


日本から世界に広まったカクテルの中でもっとも有名なものといえる。創案者はバンブーの作者でもある横浜のグランド・ホテルのバーテンダーであった、ルイス・エビンガー。そして、1922年に作られたこのカクテルを初めて日本人で作ったのが、日本のバーテンダーの先駆者、浜田昌吾である。
 


ミリオン・ダラーのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 1/3
パイナップルジュース 1/3
レモンジュース 1tsp.
グレナデン・シロップ 1tsp.
卵白 1個分
スライス・パイナップル 1枚

シェーカー、ボウル、シャンパン・グラス

【作り方】

1.卵白のみを使うため卵を割り、卵白と卵黄をボウルなどに分ける。シェーカーにドライジンから卵白までの材料と氷(8分目から9分目)を入れ、シェークする。
2.シャンパン・グラスに1を注ぐ。
3.2にスライス・パイナップルを飾る。
 

百万ドルという名のこのカクテル、日本では大正時代から人気があり、当時はオールド・トム・ジンが使われていた。ドライ志向の今だが、たまにはアンチ・ドライになってみるものどうだろうか?
 



gococktail at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月23日

透き通るような白が女性に人気、ホワイト・レディのレシピ



カクテル「ホワイト・レディ」の作り方・レシピ

コワントローとレモンジュースが奏でる清楚の味わい。


ブランデーベースのサイドカーの元祖ともバリエーションとも言われるこのカクテル。1919年、ロンドンのシローズ・クラブのバーテンダー、ハリー・マッケルホーン氏によって作られた。当初クレーム・ド・ミントがベースであったが1925年にジン・ベースとなって人気が高まった。材料のコアントローとレモンジュースはどんなスピリッツもの相性がよいようだ。
 


ホワイト・レディのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 2/4
コアントロー 1/4
レモンジュース 1/4

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからレモンジュースまでの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。
2.カクテル・グラスに1を注ぐ。 


バリエーションの多いことでも知られるこのカクテル、サイドカーの他にも、ベースをテキーラにするとマルガリータ、ウォッカにするとバラライカに変身する。
 



gococktail at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月25日

お酒に強い人は是非、チャレンジして欲しいカクテル。ノックアウトの作り方



カクテル「ノックダウン」の作り方・レシピ

カクテルのヘビー級チャンピオン。


1927年2月22日、世界ヘビー級ボクシング・タイトルマッチで、時のチャンピオンだったジャック・デンプシーに挑戦して見事ノックアウト勝ちしたジーン・タニーが祝賀会で作ったと伝えられるカクテル。別名ノック・ダウン・カクテルとも呼ばれ、その名の通り強力なパンチ力をもつ強めのカクテル。お酒に自身のある方、カクテルのヘビー級チャンピオンに挑戦してみてはいかが。
 


ノックアウトのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 1/3
ドライ・ベルモット 1/3
リカール 1/3
ペパーミント(ホワイト) 1tps.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからペパーミントまでの材料と氷(8から9分目まで)を入れ、シェークする。
3.カクテル・グラスに2を注ぐ。 


ノックアウトのことをK.Oと略すことがあるが、K.Oカクテルというウイスキーベースの別のカクテルがあるので、バーなどでオーダーする時は注意を。
 



gococktail at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)