ジンベース

2015年06月11日

決めてはフレッシュ・ライム。ジン・リッキーを自宅で美味しく作るレシピ



カクテル「ジンリッキー」の作り方・レシピ

甘味なしで、この爽快感!ジン・リッキー


リッキーとは、カクテルのスタイルのことで、グラスに入れたフルーツをマドラーでつぶしながら味を調節して飲む。

十九世紀末にワシントンのレストランで作られ、最初に飲んだ客の名前、ジム・リッキーにちなんで名付けられた と言われている。

ベースにはジンのほか、ウイスキーやブランデーなどのいろいろなスピリッツが使われ、ベース名を頭に冠してウィスキー・リッキーなどと呼ぶ。 

 


ジン・リッキーのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 45ml
ライムジュース 20ml
ソーダ水 適量
ライム 1/2個

バー・スプーン、マドラー、10オンスタンブラー

【作り方】

  1. 10オンスタンブラーにライムを絞り、皮も入れる。
  2. ドライジン、ライム・ジュース、氷(5~6個)を1.に入れる
  3. ソーダ水を1.に8分目ぐらいまで入れ、軽くステアし、マドラーを添える。 

シンプルな材料で作るカクテルだからこそ、新鮮なライムを使うことが仕上がりを左右する。

なかにはレモンで代用する人もいるようだが、是非、ライムで作って欲しいカクテルだ。
 



gococktail at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月01日

あの爽快感を家でも。おいしいジントニック、秘密のレシピ



カクテル「ジントニック」の作り方・レシピ

暑い日に飲みたくなるあの爽快感!ジン・トニック


ジン・ベース中でも人気のあるカクテルの一つ。

マラリアや暑気あたり、そして食欲不振に効果のあるキニーネ(キナの樹皮のエキス)を配合したトニックウォーターは、元来は熱帯植民地で働くイギリス人のための保健飲料であった。

やがて、その爽やかな口当たりから女性の間で人気となり、ジン・トニックが生まれた。

暑い夏に涼しげな爽快感がたまらないジン・トニック。是非、家でも作ってみませんか? 

 


ジン・トニックのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 45ml
トニック・ウェーター 適量
スライスライム 1枚

バー・スプーン、10オンスタンブラー

【作り方】

  1. 氷(5から6個)を入れた10オンスタンブラーにドライジンを入れる。
  2. カットしたライムを軽く絞り、1.に入れる
  3. トニックウォーターを1.に8分目ぐらいまで入れ、ステアする。 

トニックウォーターはほかのスピリッツとも相性がよく、ラム・トニックやウォッカ・トニックも是非、試してもらいたい。

レモンやライム、お好みでオレンジピールを使ってみるものおススメ。
 



gococktail at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月23日

ベースを変えれば楽しみ方も色々。ジン・フィズのとっておきレシピ



カクテル「ジンフィズ」の作り方・レシピ

フィズの代表格と言えば、さわやかな飲み心地のジンフィズ


フィズとは、ソーダのあの「シュー」という音のこと。1888年、ニューオリンズのヘンリー・ラモス氏が作ったと言われる、ジン・フィズはフィズの中でも最も有名なカクテル。バリエーションも色々で、卵白を加えればシルバー・フィズ、卵黄を加えればゴールデン・フィズ、全卵を加えればロイヤル・フィズ、シュガー・シロップを抜いて作ればジン・リッキーとなる。
 


ジン・フィズのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 20ml
砂糖 2tsp.
ソーダ水 適量

シェーカー、バー・スプーン、10オンスタンブラー

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンから砂糖までの材料と氷(8~9分目まで)を入れ、シェークする。
2.10オンスタンブラーに1を注ぎ、ソーダ水を8分目ぐらいまで入れ、軽くステアする。
 

ジン・フィズにミントの葉を飾るとアラバマ・フィズになる。また、このレシピベースを他のスピリッツに変えて幅広く応用できる。リキュールを使う場合、レモンや砂糖は好みで調整する。
 



gococktail at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月20日

寒い真冬や暑い真夏に飲みたいアラスカのレシピ



カクテル「アラスカ」の作り方・レシピ

冬には寒さを、夏には涼しさを。そんな雰囲気を味わえるカクテル


アラスカと聞くと、荒涼とした氷原なしろの世界を連想するが、このカクテル、アラスカは、イギリス生まれ。今を遡ること約百年、ロンドンのサボーイホテルのハーリー・クラドック氏によって作られた。使われているシャルトリューズはグリーン、イエロー、オレンジ、エリクシルの4種あるが、指定がない限りイエローを使う。日本ではグリーンを使った、グリーン・アラスカも大変人気がある。
 


アラスカのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 3/4
シャルトリューズ(イエロー) 1/4
レモン・ピール 適量

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジン、シャルトリューズ、氷(8~9分目まで)を入れ、シェークする。
2.カクテル・グラスに1を注ぎ、レモン・ピールを絞る。
 

薬草系のリキュール、シャルトリューズを使ったこのカクテル、お好みでオレンジ・ビターズを加え、仕上げにレモン・ピールを絞るものおすすめ。
 



gococktail at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月13日

遠い国を想像しながら飲みたいアラウンド・ザ・ワールドのレシピ



カクテル「アラウンド・ザ・ワールド」の作り方・レシピ

世界一周。そんな夢を味わえるカクテル


死ぬまでやりたいことの1つに世界一周をあげる人は多いだろう。このカクテルは飛行機の世界一周航路開航の際に行われた創作カクテル・コンクールでの優勝作品。緑の大地と海を思い起こさせる澄んだエメラルドグリーン、パイナップル・ジュースの甘酸っぱさと、ペパーミントの清涼感が口いっぱいに広がる。行ったことのない遠い異国を思い浮かべ、世界一周をしている気分になりながら是非、飲んで欲しいカクテルだ。
 


アラウンド・ザ・ワールドのレシピ

【材料・用具・グラス】

ドライ・ジン 4/6
ペパーミント(グリーン) 1/6
パイナップル・ジュース 1/6
マラスキーノ・チェリー 1個

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】

1.シェーカーにドライ・ジンからパイナップル・ジュースまでの材料と氷(8~9分目まで)を入れ、シェークする。
2.カクテル・グラスに1を注ぎ、マラスキーノ・チェリーを飾る。
 

口当たりがよく清涼感たっぷりなので、男性にも女性にもおすすめ。ミントには消化を助ける働きがあるので、食後や胃がもたれている時に飲むと効果的。
 



gococktail at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)