別れの悲しさを癒やすなら、このカクテルで。 ラスト・キッスの美味しい作り方レゲエの音楽と共に。キューバ・リバーの美味しい作り方

2015年11月10日

さぁ、バカルティ・ラムを用意!バカルディの美味しい作り方



カクテル「バカルディ」の作り方・レシピ

ラム選びが決め手。バカルディ


バカルディとは中南米数カ所に蒸留所をもつ名門のラムメーカー。

1939年のアメリカ禁酒法廃止をきっかけに、自社製品のラムを売りだそうとダイキリを改良して作ったカクテルがこのバカルディ。

バカルディはバカルディ・ラムの使用が明記されており、後にバカルディ以外のラムを使ってこのカクテルを作って出したバーに対して客が抗議の訴訟を起こした。

1936年ニューヨーク高裁は、「バカルディ・カクテルはバカルディ・ラムで作らねばならない」との判決を出し、これを契機にまたたくまに世界中の人気を集めた。

以来、バカルディを名乗るカクテルのベースには必ずバカルディ社のラムが使われており、他のラムを使った場合はピンク・ダイキリと呼ばれる。 

 


バカルディのレシピ

【材料・用具・グラス】

バカルディ・ラム(ライト) 3/4
ライム・ジュース 1/4
グレナデン・シロップ 1tsp.

シェーカー、カクテル・グラス

【作り方】
  1. シェーカーにバカルディ・ラムからグレナデン・シロップまでの材料と氷を入れ、シェークする。
  2. カクテル・グラスに1.を注ぐ。

一般的にラムは色と風味で分けられることが多いが、ホワイト=ライト、ゴールド=ミディアム、ダーク=ヘビーとは一概に言い切れない。

色は特徴のひとつに過ぎず、その製品の性質とは関係がない。

カクテルを作る時は色と性質両方を考えて一番合ったラムを選ぶのがよいだろう。
 



gococktail at 01:17│Comments(0)TrackBack(0) ラムベース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
別れの悲しさを癒やすなら、このカクテルで。 ラスト・キッスの美味しい作り方レゲエの音楽と共に。キューバ・リバーの美味しい作り方